So-net無料ブログ作成

『インセプション』  [外国映画]

頭の中がぐ~るぐる状態でございました。
セリフの意味がスッとはいってこない時、
思考は立ち止まり、しばし考える。
で、考えるほうに集中したあげく
次のシーンの意味を理解しないまま
漠然とやりすごしてしまうわけで。
ハッと気がつき、プレイバックしてまた考える。
そんなことのくり返し。
結果としてぐ~るぐる(@_@)

じゃあつまんなかったかというと…
おもしろかった!
こういう引っかかる映画は大好き。
しかし、私の情報処理能力はこの作品に
追いつかなかったので(情けないことに)
不完全燃焼な気持ちが残った次第でございます。

クリストファー・ノーラン監督のオリジナル脚本
あの世界を独りで一から作り出したなんて
恐るべし、ノーラン監督。すごい人だ。
「キック」「夢の階層」「時間の進み方の違い」
独自のルールがおもしろかったです。
「ゾウのことを考えるな」
というテクニック、いいですね。

映像が素晴らしいということですが
そこはよくわかんなかった^^;
(セリフばかり追いかけてたらダメだわね)
アリアドネの最初の設計で風景がぐっと持ち上がって
頭上から降りてくるところは(ポスターにあるシーン)
ゲームの「塊魂」みたいと思ってしまった。

レオナルド・ディカプリオの映画をきちんと観たのは
初めてです。(タイタニックも観てないです^^;)
マリオン・コティヤール演じるモルに翻弄されるコブの
優しかったり戸惑ったり悲しそうにしている表情に
とてもとても心惹かれました。なんて魅力的なんだろう。
世間のみなさまから10年以上遅れて
やっと気づいた次第でございます。(遅すぎ…)

「虚無」でふたりきりで過ごした幸福な50年
心だけ老いて現実世界に戻ったモルが
現実を受け入れることを拒否する気持ちは
理解できるような気がする。
夢の中があまりにも幸福だったのですね。
マリオン・コティヤールの悲しそうな顔が
いつまでも心に残ります。

渡辺謙、存在感がありました。
もうちょっと活躍してほしかったです。

あらすじ (goo 映画より引用)
人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、
潜在意識の奥深くに入り込み、
貴重な情報を盗む“エクストラクト”。
この危険な技術で世界最高の腕を持つ
産業スパイのコブ(レオナルド・ディカプリオ)は、
反対にアイデアの芽を潜在意識に植え付ける
“インセプション”の依頼を受ける。
このほぼ不可能とされる任務を成功させるため、
コブは世界中からメンバーを厳選し、
最強のプロフェッショナル集団を結成する。
だが彼らがいくら周到に計画を立てようが、
どれだけ優れていようが、
計画を根底から揺さぶる“敵”の存在を、
コブはひそかに感じ取っていた…。

それにしてももやもやする。
同行者に疑問をふっかけてもラチがあかず。
わかんなかったらそれはそういうもんだと思って
観ればいいんじゃないのと言われた。
おっしゃるとおり。
くどくどと細かい齟齬をいいたてるレビューに
つまんない見方してると楽しめないよと思ったりするのに
なぜか今回はひっかかる。

映画「インセプション」徹底解説サイト
http://inception.eigakaisetsu.com/index.html

これを見つけて映画のおさらい。
…あれ?私、結構わかってるじゃん。

わかりやすい図解も発見
某巨大掲示板まとめサイトより
http://2chmeme.net/image/e1d57f0bbb2285d721e591f231bbd57b

自分の頭のなかを整理してみると
一番わからなかったのは「キック」
キックするタイミングを合わせなければならない。
じゃあ、どうして階層が違うのにタイミングが計れるの?

 

 

 

「車を落下させる」
これは初めから計画されていたことだったんですね。
私はそのセリフを聞き逃していた。
ううっ、痛恨のミス。

「雪山の爆破は必要?」
映画を観てこの疑問を持った方は多いようです。
考察はいろいろあるようですが
この疑問は妥当だということでワタシ的にはもういいかな。
でも、ちょっと考えてみる。

下の階層へ行けば行くほど時間の歩みは遅くなるという設定
「現実世界の10時間が、夢の第一階層で1週間、
第2階層で6ヶ月、第3階層で10年近くが経過する」
およそ20倍。
「カーチェイス」30分後で橋から落下
「ホテル」では30×20で600分・10時間後
「雪山」では10時間×20で200時間・8日後
雪山でそんなに時間が経っているとは思えないので
爆破はキックと関係なかったのかな。

「ラストシーン」
コマは少し傾いでいるように見えた。
でも、私は回り続けるような気がした。
情報として出ているものを読むと
子供をうつした構図が夢のなかと同じでも
服装がちょっと違うらしい。
ふ~ん、そうなんだ。

「年老いたサイトー」
虚無の世界では「ここは現実ではない」という
認識を持たなければ年をとるということです。
コブが若いままなのはここが現実ではないと
明確に意識していたからだそうです。

うん、だんだんスッキリしてきた(〃▽〃)

「アリアドネ」
この名前がひっかかっていた。
クノッソス宮殿の迷宮から脱出するための知恵を
愛するテセウスに授けたのがアリアドネ
(糸玉を宮殿の入り口に結びつけ帰りは糸を手繰れば
迷わず戻れる)

【迷宮からの脱出を手引きするアリアドネ】
迷宮にとらわれているコブを脱出させるために
誰かが仕掛けていたのではないか
コブの義父である教授ならできるかもしれない。
「犯罪歴を抹消してもらい、子どもたちと再会する」
インセプションを成功させて報酬を得るためには
モルの幻影と決別しなければならない。

…この妄想はなかなか気に入ってます^^
(具体的に可能か否か不明)

poster-ver3_large.jpg

跡取り息子、いいヤツです。
インセプションでトラウマが解消されたことは
ラッキーだったのかも。
スッキリした彼は今まで以上に有能さを発揮して
サイトーの狙いとは逆効果になりそうな気が…


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

miyuco

c_yuhkiさん、nice!ありがとうございます!

by miyuco (2010-08-28 18:48) 

miyuco

KOさん、nice!ありがとうございます♪
by miyuco (2010-08-28 18:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0