So-net無料ブログ作成
検索選択

『下町ロケット』 池井戸潤 [読書]

企業小説は苦手です。
どす黒い陰謀渦巻くダークなおじさんたちの世界
なんていうイメージを勝手に持っていて
いままであまり読む気にならなかった。

町工場の奮闘記ということで興味を持ったこの作品。
おもしろかった!
ハッピーエンドがうれしいです。

競合する企業のなかにも表面上のパワーバランスに
引きずられずに真っ当に判断をする人がいる。
技術力を正当に評価し、資金を提供してくれるところがある。
金儲け主義に走る大手弁護士事務所に反旗をひるがえし
弱い立場の町工場の弁護を引き受ける人がいる。
「下町ドリーム」を見せてくれる作品でした。

経理部長のトノがすてきです。
堅苦しくて誤解されやすくて、
表面からはわかりにくいけれど熱い心を持っている。
愛すべき無骨な男です。

内容は…

「その特許がなければロケットは飛ばない――。
大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、
中小企業vs大企業の熱い戦い!
かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、
打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、
いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、
佃製作所を経営していた。
下請けいじめ、資金繰り難――。
取引先大企業「来月末までで取引終了にしてくれ」
メインバンク「そもそも会社の存続が無理」
ライバル大手企業
「特許侵害で訴えたら、…どれだけ耐えられる?」
帝国重工「子会社にしてしまえば技術も特許も自由に使える」
―佃製作所、まさに崖っプチ。

エンジンに関する技術とノウハウは大企業をも凌ぐ
という評判がある佃製作所。
社長の佃航平は宇宙科学開発機構で
ロケットエンジンの設計製造に関与していたという
異色の経歴を持つ。
多額の研究費を費やした「水素エンジンのバルブシステム」
特許は取得できたものの製品化の見込みはない。
しかし佃は研究開発こそが佃製作所の技術レベルを
引き上げると信じていた。

「せっかく上げた利益が研究費に消えていく」
「社長はまだ研究者だった頃の夢が忘れられない」
夢を追いかけるよりも実利を追いかけてほしい
会社が苦況に陥ると社内での不満も噴出する。
「ウチの会社は、社長の技術力と情熱で伸びてきた」
ホンダと同じように。それはわかっていても
霞を食って生きていくことはできない。
安定を望む従業員の声は当然です。

多額の和解金を手にし、会社の危機を脱したとき
皮肉にも社内の和が乱れはじめる。
社長は苦境に立たされます。

要所要所で佃を救うのは別れた妻のアドバイスと
メインバンクから出向してきている殿村直弘
佃製作所に来て日が浅いためどこか遠慮がちだった
経理部長の理にかなった発言が小気味いいです。

「私は元銀行員ですけど、ウチの会社のために働くのは
当然じゃないですか」
「私はこの会社が好きだし、
社長やみんなと一緒に働きたいと思ってるんです。」

「殿村さん」という呼び名が「トノ」にかわったとき
グッときました。
本当にいいヤツだねトノは。

「私もようやく佃製作所の一員になれた気がします」

挑みかかってくる大企業に対して
一丸となって「佃プライド」を見せつける場面は
スカッとしました。

ロケットが飛んで終わり
ではなく、さらに次のステップが用意されています。
ロケット品質の「バルブシステム」が
より多くの人の夢をかなえてくれるといいな。

下町ロケット

下町ロケット

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: 単行本



お笑い芸人ロッチ・中岡の生家は町工場
金属加工工場「マルナカ技研」
父・中岡守さんが「ゴムメタル」を使った
歯の矯正の新技術を開発。
このワイヤーを使うといままでの半分の時間で
矯正が終わるということで注文が殺到しているそうです。
元気な町工場、大勢のひとたちの役に立ちますね。

「下町ロケット」を読んでいるときに
中岡がテレビでこの話をしていて
なんだか愉快な気持ちになりました。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

miron

自分の興味にすごくマッチする本です。
ご紹介ありがとうございます。
今度読んでみますね。

by miron (2011-02-20 10:56) 

びっけ

この本、私も最近読みました。
予備知識無しだったので、てっきり大阪の下町の町工場で打ち上げた人工衛星の実話かと思って読み始めたら、まったく違っていてビックリ。

でも、面白かったです。
殿村さん(トノ)が、大企業のタカビーな面々に向って
「何か勘違いしてませんか!」
とキッパリ話すところ、溜飲が下がりましたよ!

佃プライド! 最後の終わり方も、粋でしたね!
あの辞めた彼からのメールにグッときましたわ。
(^^)v
by びっけ (2011-02-20 21:18) 

miyuco

>mironさん
この本おもしろかったですよ。
現実はこんなにうまくいかないでしょうけれど
「ドリーム」を見るのは楽しいです^^
nice!とコメントありがとうございます!
by miyuco (2011-02-21 19:42) 

miyuco

おお、びっけさんもお読みになりましたか^^
トノ、いいですよね~大好きです!
そうそう、反旗をひるがえした彼も
決して悪いヤツではないという描き方が
後味をよくしてくれました。
この作者の本、もっと読んでみたいです。
nice!とコメントありがとうございました♪


by miyuco (2011-02-21 19:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0