So-net無料ブログ作成

原田芳雄さんがお亡くなりになりました… [日本映画]

原田芳雄さん、大好きでした。
こんなに早くお亡くなりになるなんて
残念です。


高校を卒業した私は「映画を好きな人」に
カテゴライズされたくてがんばっていた。
ぴあを片手に都内の名画座めぐりをしていたのは
70年代末期から80年代初めの頃。

そこで出会ったのが原田芳雄さんでした。
TVドラマに出ていたので
知らなかったわけではないけれど
こんなにも魅力的だということに気づいたのは
スクリーンに映しだされた姿を見てからのこと。
破天荒でありながらどこか人懐こくて憎めない
「自由」な雰囲気が大好きでした。
『祭りの準備』での役どころが私のなかでの
原田芳雄のイメージの原点です。

『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』
(1985年・森崎東監督)
無頼を具現化したかのような存在感、圧倒的だった。
『ツィゴイネルワイゼン』(1980年・鈴木清順監督)
絢爛豪華な絵巻物のような映画のなかで
野性味あふれる生気を放っていました。

時は経ち、若い人を見守る役柄が増えていきます。
木村拓哉がレーサーに扮した月9ドラマ『エンジン』
原田芳雄は主人公の養父であり養護施設の園長役。
ずっと女の子をおんぶしている園長は
ゆったりと包み込むような雰囲気でドラマを支えていて
とてもすてきでした。

大好きな映画『父と暮らせば』
娘(宮沢りえ)を見守る父親役の
緩急自在な演技、素晴らしかった。

最後は主演映画で締めくくりました。
『大鹿村騒動記』
気力を振り絞って試写会に参加し
主演としての役割を全うした。
見事な幕引きでした。

車椅子で試写会に現れたときの
面変わりした姿に息をのみ、つらい状況を察したけれど
こんなに早く逝ってしまうとは…
ご冥福をお祈りいたします。

でも、お別れだなんて思ってない。
原田芳雄が出演しているのに観ていない映画は
まだまだたくさんある。
決して、お別れではありません。

N0033908_l.jpg

葬儀のときに飾られていた写真の一枚。
『大鹿村騒動記』のロケ中、
石橋蓮司が向こうから歩いてくるのに気づいて
笑いかけたときの一枚だそうです。
いい顔ですね。
痛みに耐えて撮影していたときの表情だなんて
とても思えない。
本当に映画が好きだったんですね。




 

 

 cross_04.gif

アウトローから古風な父親まで様々な役柄で
存在感を発揮してきた俳優の原田芳雄さんが
19日午前9時35分、肺炎のため亡くなった。71歳だった。

原田さんは、2008年に初期の大腸がんと診断され入院
1か月静養した後に仕事復帰した。
16日から公開され、遺作となった主演映画
「大鹿村騒動記」(阪本順治監督)は昨年11月に撮影された。
今月11日、東京都内で行われた映画の一般向け試写会には
車いすで出席したが、言葉を発することが出来ず、
共演者の石橋蓮司さんがコメントを代読した。

東京都出身。俳優座養成所を経て1960年代後半から、
映画、テレビに出演。
演技力に加えて、独特の野性的な風貌、
渋い色気を漂わせたたたずまいで存在感を発揮。
藤田敏八監督「赤い鳥逃げた?」、
寺山修司監督「田園に死す」、
鈴木清順監督「ツィゴイネルワイゼン」など、
個性派監督たちの作品の常連俳優として活躍した。

中でも黒木和雄監督作への出演は10本を数え、
「竜馬暗殺」「祭りの準備」「父と暮せば」など、
さまざまな役柄で印象的な名演を見せた。

また、音楽の世界でも活躍し、
渋い歌声で独特のブルースを聞かせた。
2003年に紫綬褒章受章。
        (2011年7月19日18時19分  読売新聞)

cross_04.gif

長男でミュージシャンの原田喧太のコメント
「3年前に大腸がんの手術後、
長い抗がん剤治療をしてがんと闘って来ましたが、
残念な結果となってしまいました。
しかし、最後の最後までの役者魂の凄さには
本当に頭が下がります。今回の入院で何度も山を乗り越えて、
11日の舞台あいさつは99%無理と言われたのですが、
自らの力を振り絞って、見事舞台に上がって
みんなを驚かせたものです。
担当の医師の方々も見事な闘病生活でしたと
言ってくれています。
今まで関わって下さった方々、お世話になった方々、
そして、原田芳雄を応援して下さった皆様、心よりお礼申し上げます。
最後に、役者原田芳雄の魂は永遠に生き続けますので、
これからも応援宜しくお願いします」


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

sknys

miyucoさん、こんにちは。
代表作は『ツィゴイネルワイゼン』かなぁ。
ストーリは殆ど忘れちゃったけれど‥‥。

『祭りの準備』は竹下景子が「オルグの男」に弄ばれて
捨てられちゃうところだけ良く憶えています^^;
「♪低血圧で、お昼前には起きられない〜」という歌も。

鈴木清順監督は「48歳年下の女性」と再婚しましたね。
役者よりも監督の方がストレスが少ないのかしら?

P.S. 正午を過ぎても、アナログTVが映っている!
by sknys (2011-07-24 13:43) 

miyuco

sknysさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
『祭りの準備』の竹下景子の役どころは
清純派とはちょっと違ってましたね。
『ツィゴイネルワイゼン』は色づかいに
クラッときました。
当時、これ見なきゃ文化的な人間じゃない
というようなプレッシャーが強くて
観に行ったもののよくわかんなかったという
ありがちな若者のひとりが私ですわ^^;

ウチも映ってますよ!ケーブルテレビだから☆
by miyuco (2011-07-27 17:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0