So-net無料ブログ作成
検索選択

『シティ・オブ・ボーンズ』 マイクル・コナリー [読書・海外]

読み終えて真相が明らかになったとき
真実へ導いてくれるピースが
最初から提示されていたとわかります。
こういう組み立て方はいつも通りうまいです。
しかし、本作はどうにも一本調子な印象が残る。
ボッシュの恋人もあまり魅力的ではなくて残念。

dot blue.gif

犬がくわえてきた骨。
それは、虐待された少年の変わり果てた姿だった。
ハリウッド署のボッシュは、この事件を解くべく、
少年の家族を調べはじめる。
が、そこにはさらなる悲劇が待っていた…。
ボッシュ・シリーズ第8弾

dot blue.gif

警察葬で行われる弔礼射撃
空砲で吐き出された真鍮の薬莢
ボッシュは警官の葬儀に参列するたびに
必ず薬莢を拾ってきた。
薬莢でいっぱいになった壜。

こういったエピソードは
マイケル・コナリーらしいですね。
センチメンタルで印象的。

以下、未読の方はご注意を

 

*

*

*

ジュリア・プレイシャーは
英雄になりたい病にかかって自爆した。

市警幹部は容疑を自殺した小児性愛者にかぶせ
捜査を切り上げようとする。
真実を探り当て殺人者を捕まえることよりコスト優先。

ジュリアはそんなふうな市警の空気に影響されたのか
しかしそれはボッシュの捜査信条とは
あまりにもかけ離れたふるまいです。

だから私は(大半の読者は)ジュリアを好きになれない。
主人公の恋人に魅力がないなんて、つまらない。

*

「職務とバッジと使命がなければ自分は道に迷うだろうと、
つねに自覚して生きてきた。
この瞬時にボッシュは、それが全部手のなかにあっても、
やはり道に迷うかもしれないと気づくに至った。
いや、それがあるがために、道に迷うかもしれない。」

「もっとも必要だと考えていたものこそが、
ボッシュの周囲に虚無感の帳(とばり)を降ろすものだった。」

「ボッシュは決意した。」

ボッシュの大きな決断でこの本は終わります。

シティ・オブ・ボーンズ (Hayakawa novels)

シティ・オブ・ボーンズ (Hayakawa novels)

  • 作者: マイクル コナリー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。