So-net無料ブログ作成
検索選択

木曜日のドラマ [TV]

木曜日はドラマを三本録画している。

『続・最後から二番目の恋』
2012年に放送したものは見てないけれど
続編ができるほどの魅力とはどんなものなのか
興味がわいてきたわけで。
見ているうちに人気の理由がなんとなくわかりました。

中井貴一はいい役者さんですね。
ふとした瞬間に家族に語りかける口調がやさしく、
説得力があって愛情がにじみでている。
大仰ではなくさりげなく演じるのは難しいはずなのに。

小泉今日子とのやりとりも心地よい。

にぎやかな朝の食卓。
とびかう会話。
楽しそう。
鎌倉の景色もすてきです。

和平(中井貴一)にちょっかいをだす薫子(長谷川京子)。
この未亡人がちょっと目ざわり。
大人になっても誰かに寄りかかりたい。
それはわかる。
しかし一方的に寄りかかるのはいかがなものか。
「せふれ」というワードを使う魂胆もかわいくない。
それってただの甘えじゃん。

こういうかきまわす存在を出さざるをえないのが
続編のつらいところかもしれないけれど。

* * *

鎌倉といえば吉田秋生の『海街diary』が頭に浮かぶ。
すずたちが住んでいる家や歩いている場所を
実写で見ている気持ちになります。

* * *

「MOZU」
長谷川博己の冷酷な顔は
「バナナフィッシュ」のアッシュ・リンクスに似ている。
悪役がとてもお似合いで魅力的。
凄腕の殺し屋・シンガイくんを
一撃で返り討ちして余裕の表情のヒガシ。
なんてかっこいいんだっ!

「MOZU」には期待してたんだけどな・・・
ひねりのある展開になるかと思いきや
そうでもなかった・・・

主役・倉木を演じる西島秀俊の
押し殺した一本調子のセリフ回しが苦手です。

殺し屋・新谷の池松壮亮くんは体を張ってますね。
凄まじい死闘。
木曜9時の時間帯なのに
かわいい女の子にあの仕打ちとは
びっくりしました。

* * *

「BORDER」
殺された死者の姿がどうにもこわくて挫折。
しかしクドカンがゲストならばそんなに怖くないだろうと
五話から見ています。

おもしろかった。

最初から見ればよかったな。
小栗旬の静かな声がドラマにマッチしています。
当て書きで脚本をかいてもらえるなんて
役者みょうりにつきますね。

『怪物と戦う者は、みずからも怪物とならぬように心せよ。
汝が久しく深淵を見入るとき、深淵もまた汝を見入るのである」
                         ---ニーチェ

市川は「BORDER」を越えてしまうのか。

ハッカーのサイモン&ガーファンクルが
バチンと電源を落として
越えてしまいそうになる市川を拒絶したシーンが好きです。

適材適所にうまい役者さんが起用されていて
安定感があります。
もう最終回なのね。
見逃した前半が悔やまれる・・・


 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
こにゃ

こんにちは^^

相方の強烈な薦めで「MOZU」から「BORDER」に移ったクチ^^;・・・同じ時間帯じゃなければ><。
最近、3枚目やイロモノ?の役が多い気がしてたオグリシュンの『かっこいい姿』が見れるだけで(劇中のスーツ姿やCMのモモタロー)ドキドキで頻脈です! ←
特にOP「そして死者と話せるようになった」(ドヤァ)は飛ばせず定時にTV前なのですよ~^^:
録画してくれてたお陰ではじめの方も見る事出来てますが回が進むにつれ弾丸の謎やレギュラーメンバーの初登場を見返したくなって・・・現に見てしまっていますしww
うぅぅ中毒性のあるドラマです!(今日の最終回次第ですが続編希望☆)

P.S. 午後3、4時台の再放送ありますね、きっと。

by こにゃ (2014-06-05 13:11) 

miyuco

こにゃさん、こんにちは^^
きのうの終わり方、すごかったですね。
「BORDER」を越えてしまったのか・・・

小栗旬と青木崇高と遠藤憲一が
ならんで歩くと三人とも背が高くて
足が長くてまあなんてかっこいいこと!
私もこにゃさんと同じく頻脈ですわ☆
(「MOZU」の長谷川博己にもドキドキ)

再放送に気づいたときには
クドカンの回だったというまぬけな自分を恨む・・・

nice!とコメントありがとうございます!


by miyuco (2014-06-06 20:28) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。