So-net無料ブログ作成
検索選択

『その女アレックス』 ピエール・ルメートル [読書・海外]

これだけ絶賛の声がきこえてきたならば
読まないわけにはいきませぬ。
久しぶりに読む本が“あたり”だったのが嬉しい。
おもしろかった。

line3-1.gif

おまえが死ぬのを見たい
―男はそう言ってアレックスを監禁した。
檻に幽閉され、衰弱した彼女は、
死を目前に脱出を図るが…
しかし、ここまでは序章にすぎない。

line3-1.gif

アレックスという女性の印象が
読み進むうちに変化していきます。

最初は悲運の被害者。
何としてもやりとげたいことがあるということが
恐怖を語るあいまにほのめかされる。
それは何なのか。

最後まで読むと痛ましさに胸が締めつけられます。

ラストのセリフはかっこいいです。
(かっこよすぎ?)

カミーユ・ヴェルーヴェン警部
身重の妻を惨殺された過去を背負う
身長145センチの刑事。

カミーユの部下、ルイ・マリアーニ
本の「主な登場人物」に記載されている言葉は
『裕福な着道楽』
育ちの良さゆえのあたりの柔らかさで
カミーユの捜査をフォローします。

こち亀の中川みたいと思いながら読んでました。
でもイメージは谷原章介さん^^

『倹約家』と紹介されているアルマン。
たかりの技は見事です。
しかしいいヤツでしたね。

絵にかいたような敵役・ヴィダール(予審判事)の
使いかたも的を射ています。

人物の配置もうまいなと思いました。

以下、未読の方はご注意を

*

*

*

悲運な被害者。
冷酷無比な殺人者。
哀れな娘。

印象が鮮やかに切り替わる。

なぜあれほどまでに冷酷な殺人を
淡々とこなすことができるのか、謎だった。
無作為な連続殺人のようではあったけれど
セミトレーナーの運転手を手にかけたあと
戻ってきたところから、もしかしたらターゲットの選択には
理由があるのではと思いはじめる。

しかし最大のターゲットは殺人の理由の原点を成した
卑劣な男だったのですね。

なぜアレックスは直接手にかけなかったのか?
幼いころから支配されつづけた男に対峙するのは
不安だったのか。
殺しただけでは男の過去が暴かれる可能性が低いから
賭けにでたのかもしれない。

「若い娘たちが追う夢を自分も追ってみたかった。」
「みんなと同じようになりたかった。」p322

母も友達も教師もだれも手をさしのべてくれなかった。
アレックスの絶望はいかほどのものだったか。

*

「正義」と「真実」
正義を重んじるというセリフに今回は溜飲を下げたけれど
「正義」によってあいまいにされた「真実」を
とことん追い詰める物語も大好きなわけで、
結局、わたしは物語の快楽を求めているだけなんだわ

などと思った次第でございます 

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

  • 作者: ピエール ルメートル
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/09/02
  • メディア: 文庫






共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。