So-net無料ブログ作成
検索選択

月刊flowers  重版&デジタル版配信決定 [コミック]

「萩尾望都「ポーの一族」40年ぶり掲載雑誌、発売直後に完売! 
異例の重版決定…ファンの予約殺到」

 

重版分もあっという間に売り切れたようです。


中堅都立高の地味な女子高生だった1970年代。
下敷きにはさんであったエドガーのイラストに気づいて
声をかけてくれたのはクラスでたったひとりだった。
少女マンガを読んでいたのは少数派でした。

40年すぎて、「ポーの一族」の掲載誌が売り切れ、
重版、配信決定がNHKニュースになるなんて
あの頃は想像できなかった。。

「春の夢」
まだプロローグのようですね。
ページをめくって一番上のコマのアランのセリフが
あまりにもアランらしくて胸が熱くなりました。
ああ、まぎれもなくアランだわ・・・
間違いなくこれは萩尾さんのポーの一族だわ
などと思った次第でございます。

文春の萩尾さんインタビュー
40年前の絵とは「顔がちがう、体がちがう」
イミテイションゴールドさながら。
・・・先生、うまいこと言いますわね

≪対談・萩尾望都×山岸凉子≫
最近まで萩尾さんのすごい作品たちを
読めなかった山岸先生。
「読んで打ちのめされるのが怖くて」
対談の話がきて思い切って「ポーの一族」を読んだ。
それでやっぱりあの当時読んでいなくてよかったと思った。
「当時見ていたら、私は大変なショックを受けたと思います。」

* * *

竹宮惠子さんの半生が綴られている本
「少年の名はジルベール」
雑誌「ダ・ヴィンチ」のインタビューで、
萩尾さんへの嫉妬に苦しみ
三年間ものスランプに陥っていたということを
読んだばかりだったので、あの時代の同年代の
若き漫画家さんたちの受けた衝撃の大きさを
あらためて思い知らされます。

《重なる木々の間を少女が歩く。そんなシーンを読みながら、あっ、と気づいた。/折り重なる枝の葉にその形を伝えるラインがなかった。縦の斜線のみで描かれている。/葉を示す輪郭線がない。輪郭がないままに葉が描かれていて、その葉の集合体が、茂みのように見える。さらにその茂みに見える葉の集合が絵の奥のほうに向かうにつれて輪郭がぼやけ、遠近を感じる深い森になっている。/本当に緑の深いところにいるのだなとわかるような背景を描く。深呼吸したくなるような緑の空間。そこに流れる風さえも感じることができた。/圧倒された》

大島弓子さんも選集のあとがきで
こんなことを書いていました。
「“さくらさくら”は萩尾さんの贋作でお蔵入り。
好きだったものですから
影響とマネとの判断の区別が
つかなかったんですね。
まったくバカです。おゆるし下さい~」

萩尾さんは周りのひとたちの葛藤を
どんなふうにご覧になっていたんだろう。



萩尾望都「ポーの一族」40年ぶり掲載雑誌、発売直後に完売! 
異例の重版決定…ファンの予約殺到

人気少女漫画家の萩尾望都(もと)さん(67)の代表作「ポーの一族」の40年ぶりの続編が掲載された
少女漫画雑誌「月刊フラワーズ」(小学館)7月号が、発売直後に完売し、少女雑誌としては異例の重版が
決まった。今月11日から全国の書店に並ぶ予定。 
同誌7月号は先月28日に発行され、続編は「春の夢」。ポーの一族は昭和51年まで漫画誌に連載され、
熱狂的な人気を集めた。今回は、発売前から大きな話題になっていた。 

同誌の平均発行部数は約3万3000部。小学館では人気を見越して7月号は通常の約1・5倍にあたる
5万部を発行したが、発売当日に完売する書店が相次いだこともあり、重版を決定。約1万5000部を
発行するほか、今月9日からはインターネットを通じて電子書籍も配信する。
2016.6.7 11:59

http://www.sankei.com/west/news/160607/wst1606070037-n1.html


タグ:萩尾望都

共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。