So-net無料ブログ作成
検索選択

シン・ゴジラ [日本映画]

おもしろかった!

お盆休みに時間の空きがあったら
ぜひ映画館でご覧になってみてください。
おもしろくて、希望がもてる映画です。

以下、まだ観てない方に迷惑をかけないように
書いていきたいと思います。

家族愛、君のためなら死ねる、
混乱の中で出会い恋に落ちる、
ありません。
ああなんて清々しいこと。

官邸の対策本部
各省庁の対策本部
自衛隊への災害派遣要請のプロセス
治安出動か防衛出動か

東日本大震災の膨大な記録資料を読み込み
防衛省、内閣府などの協力を得て練り上げた脚本。

「この作品が何十年か先に時代劇となった時、
今という時代を記録したドキュメンタリーとして
価値が出てくると思います。
これはたまたまゴジラが出てくるドキュメンタリーだと
考えて臨みました」(柘植伊佐夫)
パンフレットより

観客はゴジラを倒す計画を事前に説明されない。
説明しておいて段階ごとにクリアして「よしっ!」となり
必ずどこかで計画が狂うというお約束は、
なし

いきなり目の前に繰りひろげられるヤシオリ作戦。
えっ?それ道具に使っちゃう?その方法でいく?
驚きに満ちた攻撃にわくわくします。


「志願にしますか」
「いえ、ローテで。」
「全員覚悟はできてます」

「礼はいりません。仕事ですから」

こういう映画に絶対にあってほしいセリフが
きちんと織り込まれていることがうれしい。
胸躍る感じ。
統合幕僚長を演じる國村隼さんの
低くおさえた声音で発せられるセリフにときめきます。

庵野監督がこだわりを貫き通してつくりあげた映画。
素晴らしかった。大好きです。
まだまだやれるという気持ちになれる
後味の良い作品です。

怒涛のように繰り出される耳馴れない言葉が
素通りするのを防いでくれたのは
長谷川博己の滑舌の良いセリフ回しがあってこそ。

竹野内豊と長谷川博己が並ぶと絵になりますね。
高橋一生、市川実日子、とてもよかった。
石原さとみはご愛嬌ということで。

「おもしろかったね~」
「本当におもしろかった!」
映画館を出たあとで語り合う50代夫婦。
好みにズレがある私たちふたりが
ここまで満場一致(?)することは珍しい。
「庵野すげー」

会議のシーンが延々と続くらしいよと
見る前に連れ合いに教えたら、
ウルトラマンだって会議の場面が
けっこうあったよねと言われました。
確かにそうだった。


「前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録」
という本で読んだ震災直後の内閣危機管理センターの様子が
スクリーンで繰り広げられたような気がしました。

それにしても改めて思います。
刻一刻と状況が変わるなかで
矢継ぎ早に判断を求められる総理大臣という立場。
あのとき、総理は福島にいくべきではなかった。



img_parcofix_160720.jpg

封切り前に渋谷に出現していました。

前へ!: 東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録 (新潮文庫)

前へ!: 東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録 (新潮文庫)

  • 作者: 麻生 幾
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 文庫




共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。