So-net無料ブログ作成
検索選択

『希望荘』 宮部みゆき [読書]

「杉村三郎シリーズ」の第4弾。

「ひょこっととんでもないものに取り憑かれて、
とんでもない事をしでかす羽目になる」

魔が差すということの恐ろしさ。
当事者、そして関係者、
周りを巻き込み波紋を広げていく。

悪魔のささやきに負けてしまった人たち。
しかし「希望荘」の武藤寛二は踏みとどまった。
苦労に押しつぶされて曲がったりはしなかった。

こういう人物を描き出すことができるから
宮部さんの作品は信頼できる。

『ソロモンの偽証 第3部』の文庫本に収録されている
『負の方程式』には杉村三郎が出てきます。
この短編を読むと、あのあと本当に探偵になったこと、
どのような場所にどのような事務所を構えているかは
知ることができるのですが、
では、どのような経緯でこういう着地点に降り立ったのか
宮部さん、そこのところを早く読ませてと思っていました。

この本でそれは明らかになります。

探偵になるには調査機関とのつながりが必要になる。
<オフィス蛎殻>
切れ者の若き所長は魅力的です。

大地主の竹中家の人々もおもしろい。
そして「睡蓮」のマスター!
これはドラマ化を見据えた展開なのかな・・・
(本田博太郎さん好きです)

「事件が起きてから後始末をするのではなく
事件が起きるより先に
少しでも事件を食い止めるような働きをしたい。」

杉村三郎はあいかわらずお人好しで優しく
調査のためにつく嘘もやわらかです。

四編からなる短編集。
表題作「希望荘」がお気に入り。
理不尽な仕打ちで人生を狂わされ
それでも地に足をつけ生きてきた。
そんな男が人生の最期につぶやいた謎の言葉が
波紋を呼ぶ。真意はどこにあるのか。

「地道に働き通した市井の人に捧げる、
これは最高の墓碑銘だろう。」

彼の過ごした真っ当な人生は家族をも救う。

希望荘

希望荘

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/06/20
  • メディア: 単行本





 


タグ:宮部みゆき

共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。