So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマスの約束 2016  [music]

小田さん、今年も美しい音楽をありがとうございます。

「Silly Love Songs
“あーいらーびゅ~”
私も観客席で参加したかったです!
「Junk」
「My Love」
(Paul McCartney )

小学生のときにマイケル・ジャクソン
夢中になり、それ以来洋楽を聞き続け
ビートルズ、ローリングストーンズが好きになり
ずっと洋楽ファンであった和田唱くん。

小田さんの好みを理解でき、
しかも腕のある若者(41才だけど)は
貴重な存在なのでは。
相性がいいですね。
どうか来年も素晴らしいハーモニーを聞かせてください。

宇多田ヒカル
今までどんなアーチストとのコラボでも
自分の世界に引き入れてしまっていた小田さんですが
今回はまじりあえなかったような気がしました。
宇多田ヒカルの世界は強固です。

「Both Sides Now」(青春の光と影)
曲は知っていたのですが流れていた和訳を読み
こういう歌詞だったんだと初めて知りました。
JUJUの声質はJoni Mitchellにぴったりでした。

Tears and fears and feeling proud
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way

流す涙に、臆病な心、でも誇りを持って
「アイラブユー」と大声で言える勇気
たくさんの夢や、思い描く未来、
まるで見物人でごった返すサーカス
私はこれまで人生をそんなふうに見てきた

But now old friends are acting strange
They shake their heads, they say I've changed
Well something's lost, but something's gained
In living every day

でも近頃、昔からの友人たちは、何だかよそよそしくなって
首を振って、こういうんだ「アイツは変わってしまった」と
たしかに、何かを失ったかもしれない
でも、反対に得てきたことだって
日々生きていればきっとあると思う

I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all

私はこれまで人生を両方の視点から見てきた
勝者の側と敗者の側 しかし、いずれにしても
思い出せるのは人生のイリュージョンだけ
本当は人生のことなんて 何ひとつわかっていないのだ

            by Joni Mitchell


* * *

「The Times They Are a-Changin’ 」
宇多田ヒカル 松たか子  JUJU
この三人が揃うという奇跡のパワーの前に
男性陣が弱すぎた・・・
主メロがどこかにいってしまったようでした。
でも楽しそうだったからいいか。

* * *

「夜空ノムコウ」
コメントなしで一曲目の弾き語り。
小田さんからのやさしいエールのようでした。

2001年初回の「クリスマスの約束」では
こんなふうに言っていました。

「何度もステージで歌っています。
この曲は青春群像を非常に巧みに表現していると思います。
こんな曲が書けたらいいなと自分でも思うくらい
よくできていると思います。
この曲を歌うときの彼らの青臭いカンジが好きです」

 


タグ:小田和正

共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。