So-net無料ブログ作成
検索選択

『いまさら翼といわれても』 米澤穂信 [読書]

〈古典部〉シリーズ最新作。

折木奉太郎、千反田える、里志、摩耶花
〈古典部〉4人の6篇の物語。

『鏡には映らない』
「やるべきことなら手短に」という
奉太郎のモットーは怠け者の繰り言だと
摩耶花は馬鹿にしていた。
中学の卒業制作の事件も
面倒だと思ったら任された仕事を
奉太郎が簡単に放り投げた結果だと思っていた。

「やるべきことは手短に」
しかし、やるべきことをやらなかったことはない。
〈古典部〉でのふるまいを見ていればわかる。
では、あの一件はどういうことだったんだろう。

折木が何の思惑もなく
無責任なことをするはずがないと
今の摩耶花は考える。
〈古典部〉のはじまりの頃は
あんなに奉太郎を敵視していたのにと
なんだか嬉しくなります。

むきだしの悪意に愕然として
意趣返しの見事さに胸をなでおろします。

『長い休日』
奉太郎は心の底から変わったりしなかった。
ただ自己防衛の手段を身に着けただけ。
姉の懸念は回避されました。
そして予言のほうは当たったわけです。
米澤穂信のラブストーリーは大好きです。

『わたしたちの伝説の一冊』
摩耶花は整理できたようですね。
ひとつ目標も決まったけれど
苦難の道のりが待ってるような・・・
がんばって。

『いまさら翼といわれても』
まさにタイトル通りの心情で
混乱する千反田える。
心の芯に刻まれていた「やるべきこと」が揺らぎ
目の前の「やるべきこと」に身じろぎする。

〈古典部〉シリーズは続編があるようです。
彼らはまだまだ変化していくのでしょうね。


いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 単行本







 


タグ:米澤穂信

共通テーマ: