So-net無料ブログ作成
検索選択

『三鬼 三島屋変調百物語四之続』 宮部みゆき [読書]

三島屋変調百物語
おちかが聞き手の変わり百物語の四冊目です。
おそろしい鬼が描かれた表紙に
身構えながら読みはじめましたが
『食客ひだる神』でホッと一息つきました。
夏場の休業の理由が愉快。
みっつ並んだ小豆の判じ物がいいですね。
そういう意味だったのね。

ほほえましい話もこわい話も
宮部さんは巧いです。

最後までありがたい守り神であった「ひだる神」
『おくらさま』では守り神のおそろしさに慄然とします。

『迷いの旅籠』
[石杖先生が優れた筆さばきで呼び出し、操ってみせたのは、
結局、生者の魂の方だったのかもしれない]
人々はこの世を去った者たちを取り戻したいと
狂おしいほどに願う。
しかし貫太郎の静かな覚悟の前にたじろぐ。

『三鬼』
藩の失政のはてに打ち捨てられた山奥の村。
「生吹山は人を許さない。
人は罪をおかすものだから。
洞ヶ森は秘事を抱いている。
そこには人の罪があるから。」
重苦しい物語の最後に少しの明るさがあります。
理不尽に痛めつけられた人が
不幸なままに生きていくことがなくてよかった。

『おくらさま』
黒白の間を訪れた謎めいた老女の
悲痛な叫びがまだ耳の底に残っている。
だからおちかは調べようと思った。
辿り着いたのは寝たきりの病人。
お梅は悲しみを吐き出し胸のつかえがおりたと言う。
そしておちかに語りかける。
あたしと同じになってはいけない。
「時を止め、悔恨に打ちひしがれ、
昔を恋うて懐かしむだけの老女に。」

時を止めてはいけない。
自分の心のなかに閉じこもってはいけない。

おちかは少しづづ変わっていきます。
怒ったり泣きじゃくったり。
心を動かすのを自分に禁じていたような
痛ましい姿はなりをひそめました。

別れはつらいです。
いかにも彼らしい身の処し方に
異を唱えることなどできないがゆえになおさら。

「一人が去り、一人が加わった。」
貸本屋の瓢箪古堂の若旦那・勘一
商売柄、顔が広くて地獄耳。
昼行灯の風情の食い道楽。
これからどんなふうに関わってくるのか
楽しみです。

北村さゆりさんの挿画がすてきです。

「驚いたことに、島田髷(しまだまげ)を結い
振袖を着ていた。どちらも若い娘の支度だ。」
「着物は大胆な縞柄(しまがら)で、
魔除けの意味もある可愛らしい<麻の葉>柄と
黒繻子(くろじゅす)の昼夜帯(ちゅうやおび)を合わせ、
花簪(はなかんざし)も華やかに美しい」

わたしなんぞでは容易に想像できない身形(みなり)ですが
この挿画を見ればよくわかります。

特設サイトからお借りしました → 

story-4.png

 029 点線青.gif

聞いて聞き捨て、語って語り捨て。
己の胸に秘めておくには辛い、不思議な話、
せつない話、こわい話、悲しい話を語りに、
<黒白の間>へやってきたお客が
あの世やあやかしの者を通して語り出したのは――
亡者、憑き神、家の守り神

第一話 迷いの旅籠
お化けを見たという百姓の娘
第二話 食客ひだる神
夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋
第三話 三鬼
山陰の小藩の元江戸家老
第四話 おくらさま
心の時を十四歳で止めた老婆

三鬼 三島屋変調百物語四之続

三鬼 三島屋変調百物語四之続

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/12/10
  • メディア: 単行本



タグ:宮部みゆき

共通テーマ:

『いまさら翼といわれても』 米澤穂信 [読書]

〈古典部〉シリーズ最新作。

折木奉太郎、千反田える、里志、摩耶花
〈古典部〉4人の6篇の物語。

『鏡には映らない』
「やるべきことなら手短に」という
奉太郎のモットーは怠け者の繰り言だと
摩耶花は馬鹿にしていた。
中学の卒業制作の事件も
面倒だと思ったら任された仕事を
奉太郎が簡単に放り投げた結果だと思っていた。

「やるべきことは手短に」
しかし、やるべきことをやらなかったことはない。
〈古典部〉でのふるまいを見ていればわかる。
では、あの一件はどういうことだったんだろう。

折木が何の思惑もなく
無責任なことをするはずがないと
今の摩耶花は考える。
〈古典部〉のはじまりの頃は
あんなに奉太郎を敵視していたのにと
なんだか嬉しくなります。

むきだしの悪意に愕然として
意趣返しの見事さに胸をなでおろします。

『長い休日』
奉太郎は心の底から変わったりしなかった。
ただ自己防衛の手段を身に着けただけ。
姉の懸念は回避されました。
そして予言のほうは当たったわけです。
米澤穂信のラブストーリーは大好きです。

『わたしたちの伝説の一冊』
摩耶花は整理できたようですね。
ひとつ目標も決まったけれど
苦難の道のりが待ってるような・・・
がんばって。

『いまさら翼といわれても』
まさにタイトル通りの心情で
混乱する千反田える。
心の芯に刻まれていた「やるべきこと」が揺らぎ
目の前の「やるべきこと」に身じろぎする。

〈古典部〉シリーズは続編があるようです。
彼らはまだまだ変化していくのでしょうね。


いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 単行本







 


タグ:米澤穂信

共通テーマ:

『みかづき』 森絵都 [読書]

とても読みやすかった。
リーダビリティが高いのですらすらとページがめくれます。

森絵都さんの書くアーモンドアイの勝気な女は
大好き。(DIVEの麻木夏陽子もそうでした)
グイグイ来る女に弱い、どこかのんびりしている男も好き。

塾業界を舞台に教育に携わる三代の家族の物語。

心に響いたのは三代目の一郎のパートです。
過去ではなく現代の教育の問題点に
馴染みがあるからかもしれない。
この部分には教える側だけではなく
教えられる側の子どもたちの事情が描かれています。
私は森絵都さんのティーンエイジャーを
主人公にした作品が好きだったので
子どもたちを描写する視点がこまやかで
以前と変わってなくてうれしい。

「教育は、子どもをコントロールするためにあるんじゃない。
不条理に抗う力、たやすくコントロールされないための力を授けるためにあるんだ」

心から共感できる言葉です。

「大島さん。私、学校教育が太陽だとしたら、
塾は月のような存在になると思うんです。
太陽の光を十分に吸収できない子どもたちを、
暗がりの中で静かに照らす月。
今はまだ儚げな三日月にすぎないけれど、
かならず、満ちていきますわ。」
太陽と月。
はたして教育という宇宙に二つの光源が必要なのだろうか。

昭和36年、22才の大島吾郎は
必要なのかといぶかしげでしたが
時を経た平成の世で奮闘する
孫の一郎の姿を見れば答えは明らかです。

029 点線青.gif

昭和~平成の塾業界を舞台に、
三世代にわたって奮闘を続ける家族の物語。

昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、
勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、
ともに学習塾を立ち上げる。
女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。
ベビーブームと経済成長を背景に、
塾も順調に成長してゆくが・・・

みかづき

みかづき

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/09/05
  • メディア: 単行本



タグ:森絵都

共通テーマ: