So-net無料ブログ作成
検索選択

名女優 [TV]

『ひよっこ』と『やすらぎの郷』を見ていると
他のドラマを見ることが難しくなる。
どうしても出来映えをくらべてしまうので。
(録画したドラマを見る時間が限られているという意味でも)

『ひよっこ』
主人公が暮らすあかね荘の大家の富さん。
赤坂の元売れっ子芸者だった女性を演じるのは
白石加代子さん。
ゆったりしたセリフまわしの独特の間に惹きつけられます。

かつての恋人との濃密な日々を
うっとりと語る富さんが素晴らしかった。
愛すべき大女優。


『やすらぎの郷』
認知症で周りを振り回す往年の大スター
シャンソンの女王と呼ばれた及川しのぶを演じるのは
有馬稲子さん。

トラブルメーカーとしての役割ゆえに
好感を持ってみることができず
あまり演技が印象に残りませんでした。


しかし、有馬稲子さんはまぎれもない名女優でした。
ドラマの中でマリー・ローランサンの詩を朗読したのは
及川しのぶではなく、有馬稲子。

詩を読む呼吸、絶妙に変化する抑揚。
すばらしかった。


「死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です」



海辺をさまよう九条摂子(八千草薫)は綺麗だった。
この作品のヒロインは
八千草薫だったのですね。


『やすらぎの郷』については
どうしても共感できない部分があって
惰性で見ていた時期もあったのですが、
見続けていてよかった。


『ひよっこ』と『やすらぎの郷』を
同時期に見ることができるなんて
これほど多くの名演技を見ることができるなんて
めったにない幸福なことだと思います。





共通テーマ:テレビ