So-net無料ブログ作成
タイガー&ドラゴン ブログトップ
前の5件 | -

タイガー&ドラゴン 宮藤官九郎に感謝 [タイガー&ドラゴン]

「泣かせてぇんじゃねぇ、笑わせてぇんだよ」

笑いました、でも泣かされました。
感情を揺さぶられてしまいました。

恐るべし 宮藤官九郎
毎週、感想を書いているうちに、
ドンドン文章が長くなっていって、
こんなに時間をかけて長文を書いているのは
ヘンだよなと自分にツッコミをいれたりしていました。
でも、細かいシーンでも書かずにはいられないの。
それが後の感動を大きくする伏線になっている場合が多いから。

続きを読む


タグ:クドカン

タイガー&ドラゴン 子は鎹(かすがい) [タイガー&ドラゴン]

泣けて泣けてしかたなかった
録画して一人で観てよかった 

三年後、出所してきた虎児を出迎えたのはチビTひとり。
「おまえ俺にあんま思い入れねえだろ」
「ヒマだったから」ってことみたい。
「ハガキ届いてねえのかな・・・」

冒頭で「誰が迎えに行くかよ。
どっか見所があると思って目をかけてやったのに
しょせんヤクザはヤクザだよね。
山崎のせいでさ、おまえもオレも受けたダメージのことを
考えてごらんよ。」なんて竜二に言っていました。
山崎って呼び方・・・師匠、冷たいんじゃないですか。

「DRAGON SODA 」は
「CYBER DRAGON SODA 」になって
代官山と下北沢に支店を出しているし、
流星会は銀次郎が二代目を襲名して
ウルフ商会を傘下に置き、羽振りがよくなっている。

「立派に二代目継いでくれてオレはうれしい」という虎児。
「なんか虎ちゃん寂しそうだよ」と言われて
「寂しくなんかねえよ。もともと一人なんだからよ」
なんて寂しいこという。
虎児は寄席にも師匠の家にも近づかない。
「合わす顔がねえよ。
林家亭の看板に泥を塗っちまったんだからよ」

続きを読む


タグ:クドカン

タイガー&ドラゴン 品川心中 [タイガー&ドラゴン]

見終わった後は涙がとまらずに、しばし放心状態・・・
ラスト、ニュースを見つめる師匠と竜二。
虎児が手錠をかけられパトカーに押し込められる
「親父、小虎さん・・・笑ってるよ・・・」 
画面には笑っている虎児の映像が。
虎児の選択がせつなすぎて、
今も思い出すと涙が出て困ってしまう。

来週の最終回は予告を見ただけで泣けてしまったので、
絶対に録画してひとりでみなければ
そんな日に限ってナイター中継なんてあるんだから 
時間がずれちゃうじゃないの

劇中劇で品川心中をやっていたし、
メグミちゃんが自殺志願者達の練炭自殺に
巻き込まれる話もあったのに、
虎児のことが心配で虎児ばかりに気をとられて
あまり印象に残らなかった・・・

続きを読む


タグ:クドカン

タイガー&ドラゴン 粗忽長屋(そこつながや) [タイガー&ドラゴン]

西田敏行扮するどん兵衛の「粗忽長屋」が上手かった。
今までの高座で一番好き。
演じ分けが巧みで、間の取り方が巧妙で笑えました。

ヤクザのヤスオにメロメロになる
小百合ちゃんと鶴子さんも笑えた。
そんなにいい男かなぁ。
虎児のほうがずっとすてきじゃないの。
あっ、でも女の扱いはヤスオの方が手慣れているか・・・

「自慢じゃねぇけどよ、俺にはもう悲しむ奴がいるんだよ。
俺のことを家族だと思ってくれてる奴が何人かいるんだよ。」
「俺の代わりはもういねぇんだよ」

虎児がこう言えるようになって本当によかった。
こんなふうに言うことができなかった
三枚起請の回の虎児は悲しすぎた。

続きを読む


タイガー&ドラゴン 「出来心」 [タイガー&ドラゴン]

なんだか暗雲が漂ってきたような、
悲劇が近づいてきたような、そんな気がする。
いつものように、ただ楽しく観ることができなくなってきました。
ヤクザ稼業のシーンが多かった事と、
ヤスオが現れた事でそんな風に思ったのかな
だってヤスオって危険人物だもの。
ロクな事にならないよね きっと。

銀次郎、出番が多かったのにダメな人間だよね。
リサが言うように、「そんな器じゃない」くせに
でかい事やろうとするから
痛い目に合うのにあんまり反省してないみたい。
「出来心」バージョンのオドオドしたドロボウが
今の銀次郎の等身大なんでしょうね。
あやしいフンドシ姿の面々に押し倒されてたけど・・・
どん太にいさんの悪人ぶりがまたステキでした。

虎児さんは自分が運転する車の後部座席で
うだうだ言っている銀次郎に腹をたてて車を急停車
「甘えてんじゃねぇ!」と怒鳴りながら、
後部に移動しながら、銀次郎を殴る蹴る ・・・スゴかった。
スゴすぎて笑っちゃた。
相変わらず迷いがないよね。

日向さん、木刀でテレビを叩き斬るなんて
カッコよすぎですって。
あの凄みはリアルだった。
銀次郎を助けに虎児とふたりで殴り込みをかけたのに
(本当にVシネマみたいだった)
日向さんだけ無傷。
虎児と銀次郎は満身創痍。顔はボコボコ。

虎児は正座もできない状態で寄席に上がり、
それを竜二が見ています。
破門されてから初めて寄席に来たわけです。
久しぶりに来てみると・・・
「寄席も変わったな。あんたが変えたんじゃねぇのか」
こう言う竜二は虎児のことを認めたんでしょうね。
落語をやれと言う言葉も呑み込んだんじゃないのかな

今回の師匠&組長は良かったですね。
二人の間のいろいろなわだかまりが少し溶けたのかな。
テレビカメラを意識してメイクした師匠のマユゲが
目立ちすぎだったような・・・

虎児はどうなるのだろう?
これからどういう選択をするんでしょうか?


タグ:クドカン
前の5件 | - タイガー&ドラゴン ブログトップ