So-net無料ブログ作成
検索選択

『希望荘』 宮部みゆき [読書]

「杉村三郎シリーズ」の第4弾。

「ひょこっととんでもないものに取り憑かれて、
とんでもない事をしでかす羽目になる」

魔が差すということの恐ろしさ。
当事者、そして関係者、
周りを巻き込み波紋を広げていく。

悪魔のささやきに負けてしまった人たち。
しかし「希望荘」の武藤寛二は踏みとどまった。
苦労に押しつぶされて曲がったりはしなかった。

こういう人物を描き出すことができるから
宮部さんの作品は信頼できる。

『ソロモンの偽証 第3部』の文庫本に収録されている
『負の方程式』には杉村三郎が出てきます。
この短編を読むと、あのあと本当に探偵になったこと、
どのような場所にどのような事務所を構えているかは
知ることができるのですが、
では、どのような経緯でこういう着地点に降り立ったのか
宮部さん、そこのところを早く読ませてと思っていました。

この本でそれは明らかになります。

探偵になるには調査機関とのつながりが必要になる。
<オフィス蛎殻>
切れ者の若き所長は魅力的です。

大地主の竹中家の人々もおもしろい。
そして「睡蓮」のマスター!
これはドラマ化を見据えた展開なのかな・・・
(本田博太郎さん好きです)

「事件が起きてから後始末をするのではなく
事件が起きるより先に
少しでも事件を食い止めるような働きをしたい。」

杉村三郎はあいかわらずお人好しで優しく
調査のためにつく嘘もやわらかです。

四編からなる短編集。
表題作「希望荘」がお気に入り。
理不尽な仕打ちで人生を狂わされ
それでも地に足をつけ生きてきた。
そんな男が人生の最期につぶやいた謎の言葉が
波紋を呼ぶ。真意はどこにあるのか。

「地道に働き通した市井の人に捧げる、
これは最高の墓碑銘だろう。」

彼の過ごした真っ当な人生は家族をも救う。

希望荘

希望荘

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/06/20
  • メディア: 単行本





 


タグ:宮部みゆき

共通テーマ:

『鹿の王 上・下』 上橋菜穂子 [読書]

ラストシーンがとてもよかった。
救いがあります。
欠け角のヴァンと天才的な医術師ホッサル
立場の違う二人の主人公が魅力的です。
きかんきの幼い女の子ユナもかわいい。
サエは自由に生きることができるのでしょうか。

貧しい氏族に迎えられたヴァンが
一族に馴染んでいき、その知識と働きぶりで
かけがえのない存在になっていくところが好きです。

「ただ生きているだけの虚ろな何かにすぎなかった」
生きることより、死ぬことに熱心な
哀しい死兵であったヴァンが
故郷のトガ山地で暮らしていた頃の
生まれながらの狩人であり
飛鹿(ピュイカ)とともに生きていたヴァンに戻っていく。
暮らしぶりのていねいな描写のなかで
すさんだ心が息を吹き返していく様子にホッとします。

それでもヴァンの怒りと悲しみは癒えることがない。
「長く生きられる命と、長くこの世にいられぬ命。
いったい何が違うのだろう。」
「なにをしたわけでもない幼い息子が、
なぜ、あれほどあっけなく逝かねばならなかったのか。
病はなぜ、あの子と妻を選んだのか・・・」
「それを思う度に、この世の理不尽に、
息苦しいほどの怒りを覚える。」

しかし、ヴァンの怒りも変化していきます。 

「雑多な小さな命が寄り集まり、
それぞれの命を生きながら、
いつしか渾然一体となって、
ひとつの大きな命をつないでいるだけなのだ。」

ウイルス関係の説明のややこしさが
物語の流れを阻害しているように感じる。
ファンタジーの世界観を壊さないために
現代医学の言葉を避けて説明しなければならない
という縛りがあるのかもしれないけれど。

気に入っているところは多いのですが
どうにも消化不良のような読後感が残ります。 

最後の山場も、そこにいたる道筋や
首謀者の彼の描写が駆け足すぎた気がする。

lbl レンガ.gif

強大な帝国にのまれていく故郷を守るため、
死を求め戦う戦士団<独角>。
その頭であったヴァンは、奴隷に落とされ、
岩塩鉱に囚われていた。
ある夜、ひと群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、
謎の病が発生する。
その隙に逃げ出したヴァンは幼い少女を拾う。

一方、移住民だけが罹ると噂される病が広がる王幡領では、
医術師ホッサルが懸命に、その治療法を探していた。

感染から生き残った父子と、
命を救うため奔走する医師。
過酷な運命に立ち向かう人々の“絆”の物語。

lbl レンガ.gif

死に場所を探してさまよう男がなぜか生き残る。
死闘をくりひろげた戦地で。
獣におそわれ謎の病を発症し
すべての人が死に絶えた岩塩鉱で。
屍の中でもう一人だけ生き残ったのは幼い子ども。
ヴァンは幼子をつれて岩塩鉱を脱出する。

かつて古オタワル王国を滅ぼした疫病・黒狼熱(ミツツアル)
岩塩鉱の人々を死に至らしめた病の症状が
黒狼熱(ミツツアル)に似ている。
生き残った者の身体を調べることで
病の原因と治療法、感染拡大を阻止する手立てを
導き出せるのではないかと
医術師ホッサルは考える。

「生き残った者」の資質に目をつけ、
父子を追っているのは
アカファ王の網・アカファの後追い狩人<モルファ>
だけではなく、ほかにもいるということが
読み進むうちにわかってくる。

支配する国と属国。
同じ民族でありながら
犠牲を強いられる氏族の怒り。
さまざまな思惑が入り乱れ
事態は混沌としてきます。
(そして私の頭の中もこんがらがっていく・・・)

幼い時から「飛鹿(ピュイカ)」を扱い、
「飛鹿(ピュイカ)」を乗りこなしていた戦士が
扱いを手ほどきして信を得る。

<暁(オラハ)>と再会するシーン
躍動感あふれる文章が素晴らしい。
「飛鹿(ピュイカ)」と生きていたヴァンの
ひとつひとつの細胞が沸騰するような喜びが
ストレートに伝わってきます。

「この速さ、この音、この振動。
このすべてを愛してきたのだ。」 

*

以下、おぼえがき 

続きを読む


タグ:上橋菜穂子

共通テーマ:

『悲嘆の門 上・下』 宮部みゆき [読書]

なんだか釈然としない読後感。
現実の殺人事件とファンタジーの部分が
うまく融合してないような気がして。

元・刑事の都築がかっこいいです。
心の一部を奪われても自分を取り戻す。
強くて芯の通った老人は
宮部さんの作品にかかせない存在ですね。

下巻はデスノートっぽいところがあります。
[力]に汚染されるとか正義感の暴走とか、
「夜神月」的な既視感がいろいろ。
しかし宮部さんの筆力は見事です。
なんともいえない乗っ取られた感(呑みこまれた感)の
気持ち悪さをうまく描き出しています。

やってしまったことの重みを背負って生きていく。
それがどれほどの苦しみをともなうのか
幸太郎のこれからの人生を思うと
暗澹とした気持ちになります。

山科社長の言葉が印象に残る。
「書き込んだ言葉は、どんな些細な片言隻句でさえ、
発進されると同時に、その人の内部にも残る。」
「溜まり、積もった言葉の重みは、
いつかその発信者自信を変えていく。
言葉はそういうものなの。
どんな形で発信しようと、
本人と切り離すことなんか絶対にできない。
本人に影響を与えずにはおかない。」
「誰も自分自身から逃げることはできないのよ」

line3-1.gif

大学一年生の三島幸太郎は
「サイバーパトロール」の会社でバイトしている。
同じ時期に入ったバイト仲間の森永健司は
ネットで囁かれるホームレスの失踪事件を調べていたが
突然、消息を絶ってしまう。
彼が残した情報を元に行方を追う幸太郎は
「お茶筒ビル」にたどりつく。

“動くガーゴイル像”の謎に憑かれる元刑事・都築も
「お茶筒ビル」に手がかりを求める。
ある夜、幸太郎と都築はビルで鉢合わせする。
ふたりが屋上で見たのは、この世のものではなかった。

「異形の存在だ。怪物だ。なのに女だ。
目を瞠るほど美しい。そして大柄だ。
神話に登場する巨人族の女戦士は、
きっとこんな姿なのだろう。」
差し渡し四メートルくらいの翼。
身の丈は二メートル以上。
大鎌を背中に担ぐ。
「我が名はガラ」

元・刑事の都築の向かって言う。
「おまえは、この領域の罪を漁(すなど)る者だな」
「罪を集めすぎたな、老人」
漁を続けたいという願望をガラは奪い取った。

いっとき穏やかになる都築ですが
下巻では復活するはず、
いや絶対に復活してほしいと思いながら読んでました。
もちろん都築のことですから自分を取り戻します。
よかった。

上巻は最悪の事態で終わります。

以下、未読の方はご注意を

(とっちらかった文章です。通常営業だけど

続きを読む


タグ:宮部みゆき
コメント(3) 
共通テーマ:

『太宰治の辞書』 北村薫 [読書]

「円紫さんと私シリーズ」
大好きでした。
久しぶりの再会が嬉しいです。

「北村薫のデビュー作品集『空飛ぶ馬』から始まる
『夜の蝉』『秋の花』『六の宮の姫君』『朝霧』の五冊が
「私」を主人公とするシリーズとして刊行されています。
『太宰治の辞書』は17年ぶりの最新作です。」

時を重ねて変わらぬ本への想い……
《私》は作家の創作の謎を探り行く――。

今回は「日常の謎」ではなく「本の内容に関する謎」
『六の宮の姫君』のような文学推理ものです。
読んだことのある作品が題材だったのでおもしろかった。

「ピエール・ロチから始まり、芥川の『舞踏会』、
そして三島、さらに太宰の『女生徒』へと進んだ、
書物探索の旅」

三篇からなる短編集。

『花火』
芥川龍之介「舞踏会」
読んだことがある。わりと最近。
でも芥川の本を手に取った覚えはない。
「?」
ちょっとした個人的な謎。
そうだ、息子たちの国語の教科書だわ。
・・・すぐに解ける謎でした・・・

「我々の生(ヴィ)のような花火の事を」

強く印象に残っている文章です。

当時、読み終えてちょっとびっくりした。
だってこれは私が10代の頃に読んでいた「LaLa」に
流麗なタッチで描かれた短編として掲載されても
おかしくない雰囲気。
(たとえば森川久美とか)

「芥川は本質的に≪抒情家≫」という江藤淳の
指摘がこの本に取り上げられていましたが、
≪抒情≫という言葉が
読後に感じた印象そのものでした。

「芥川の本質は理知ではなく抒情であり、
体験の率直な告白によっては
真実を語り得ない作家だった」

こう書いた江藤淳が最も愛する芥川の作品がとして
あげていたのが「舞踏会」だそうです。

ラスト、老婦人の言葉によって
「生(ヴィ)のような花火」がきらめく。
鮮やかな幕切れです。

「女生徒」
太宰治の「女生徒」
こちらも読んだことがあります。
リズミカルで小気味よい文章に
陰鬱な太宰のイメージ(私が勝手に抱いていた)が
覆されてびっくりでした。
10代女子の気持ちがなんでわかるの?
作家ってすごいと思った記憶がある。

しかしそれが「未知の女性の読者から送られてきた
日記に基づいて執筆したものである」とは・・・
おもしろいですね。

『太宰は女生徒の仮面を借りることによって、
何の遠慮もなく、じたばたしている』

「太宰治の辞書」
ここでやっと円紫さんが出てきます。
お元気そうでよかった。
太宰の女生徒における「ロココ」の定義の
出所について本の旅は続きます。

主人公の「私」は結婚し、中学生の一人息子がいる。
好きな仕事を続け
地に足の着いた生活を送っていると、
挟み込まれる日常の描写から
うかがい知ることができる。

女学生の頃から知っているお嬢さんが
きちんと暮らしていることがわかったようで
なんだかとても嬉しいです。




太宰治の辞書

太宰治の辞書

  • 作者: 北村 薫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/03/31
  • メディア: 単行本



タグ:北村薫
コメント(1) 
共通テーマ:

『ペテロの葬列』 宮部みゆき [読書]

『誰か』『名もなき毒』に続く
杉村三郎シリーズ三作目『ペテロの葬列』
「ペテロ」とは
罪を犯して後に悔い改めた者の象徴だそうです。

lbl レンガ.gif

杉村三郎は拳銃を持った老人による
バスジャックに遭遇する。
事件は3時間ほどであっけなく解決したかに見えたのだが―。
そこからが本当の謎の始まりだった。
事件の真の動機の裏側に潜む闇とは。

lbl レンガ.gif

約680ページの長編ですが
バスジャックは四分の一ほど読み進んだところで
警察の突入と犯人の自決で終結する。
本題はそのあと。

途中で挟み込まれる北見一郎がらみの事件は
なくてもよかったかな。
後ろ盾をなくして迷走するトラブル発生器・井手正男も
わりとどうでもいい。
地方紙22紙で連載されたということなので
いくつものエピソードを盛り込む必要が
あったのかななどと邪推してみる。
ないほうがすっきりしてるけれど・・・

「孤独な老人の自爆的な死」
だと分類され事件は収束したはずだった。
しかしその余波は人質となっていた人たちをゆさぶる。
犯人の意図と背景を探らざるを得なくなる。
手がかりはふたつ。
「警察に連れてこさせようとした三人」
「慰謝料の送付元」

「三人」は悪質商法に関わっていたことが分かる。
マルチ商法、架空投資詐欺などの悪質商法は
芯の部分はねずみ講。
客を増やし続けることができなければ、破綻する。
そのための説得術を指導する「教育係」が
存在するはず。
暮木老人の人心掌握術はここに当てはまる。

「悪人が善心に目覚めることだってある。
詐欺師も改心することだってあるだろう。
我々人質仲間が立ち会ったのは、
そういう改心に動かされた寂しい老人の
--かつて悪党だった男の人生の
最期の場面だったと思いたい。」

自分の撒いた悪の種を刈らなければならない
詐欺組織の会員同士のあいだでも悪は伝播する。
最初は被害者の立場でも、同様の手口で
周りの人間を勧誘すれば加害者になる。
「入口では被害者、出口では加害者、悪いのは一緒」
罪に問われない加害者を見せしめにして
悪の伝播を断ち切ろう。負の宣伝をしよう。

「身勝手で残酷で高飛車だ。」
「彼は後悔していたという。
だが、変わってはいなかった。」

杉村三郎の言うとおりです。
バスジャックという手段の裏側に
犯人の自己顕示欲がすけて見える。
「口舌(こうぜつ)の徒」
人質を舌先三寸で丸め込む。
他人をコントロールする支配的な意思と能力。
自分の能力を最後まで存分に発揮して楽しんでいる。
「改心したとしても、あの老人は人を操ることに長けていて、
それが好きだったんです。」
そして、ここでもまた意図せずとも
加害者を生み出してしまうわけです。

コントロールの手段として使った「慰謝料」が
人質だった人たちを動揺させる。苦しめる。

「悪は伝染する」

「指輪物語」の<一つの指輪>が
中つ国の人びとを汚染していくように。

「悪は伝染する。
いや、すべての人間が
心のうちに深く隠し持っている悪、
いわば潜伏している悪を表面化させ、
悪事として発症させる<負の力>は
伝染すると言おうか。」
「現実を生きる我々は、
<一つの指輪>を持ってはいない。
だが、その代替物なら得ることができる。
それは誤った信念であり、欲望であり、
それを他者に伝える言葉だ。」

ラスト、杉村三郎は旅に出る。
「滅びの山」へ。
現実世界の<一つの指輪>を葬るために。

杉村三郎を探偵にするべく
宮部みゆきは力技(?)を発揮します。

ドラマにもなっているのだから、
彼が失ったものを知っている人が多いでしょうけれど・・・

続きを読む


タグ:宮部みゆき
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: