So-net無料ブログ作成

朝の連続テレビ小説 『ひよっこ』 [TV]

『ひよっこ』が大好きで楽しみにしています。

いま特に気に入ってる登場人物は、さおり(本名・米子)
あのマシンガントークがかわいい。
好きってストレートに押しまくるところが
あつかましいのになぜかかわいい。

へそまがりの由香(ぱるる)もかわいい。
由香を見る佐々木蔵ノ介さんの
やさしい眼差しがすてき。

岡田惠和さんの脚本が好きです。
(でも朝ドラ視聴の習慣がなくて『ちゅらさん』は
見ていなかった。惜しいことしました。)
最近では『最後から二番目の恋』がとてもよかった。
一番はじめに名前を覚えたのは
映画『いま、会いにゆきます』のクレジット。

この方の脚本の心情をあらわす話し言葉の選び方とか
掛け合いの呼吸とか、
会話の自然な流れの作り方がいいなといつも思います。
そして優しい。

今週はおとめたちが再登場しますね。

物語は終盤に差し掛かってます。
印象に残った場面はたくさんあります。

宗男が戦場での体験を語るシーン。
そこにいる全員が涙ぐんでいたけれど
みねこ子だけは泣かない。
笑って生きていこうと決めている宗男を
みね子はそばにいて知っていたから。
どうしてそうなったか理由は知らなかったけれど
笑っている宗男に救われたから。
だからこの場面でみね子だけは泣かずに微笑む。

有村架純の演技はとても安定しています。

川本世津子(菅野美穂)と美代子(木村佳乃)の
緊迫した場面。
夫を取り戻そうと必死の美代子、
すでに心を決めている世津子。
せつないふたりの演技に目が離せなかった。

そして翌週、自宅に戻った美代子が
「奥茨城母の会」を緊急開催。
東京でのできごとを語るかたちで
美代子の心のうちを丁寧に描写する。

久しぶりに会った夫の実の様子を見て
「ああやっぱりこの人のこと好きだなあって思ってさ
もう大好きだなあって」
「もう一回、わたしのこと好きになってくれっかな・・・
なってほしいなって、思ってさ・・・」

川本世津子のひらがなだらけの手紙が届く。
学校に通ったことがないと言っていた世津子。
実と出会って雨男さんと呼んで一緒に暮らし
「初めて 早く家に帰りたいと思った・・・
生きてきて、はじめて・・・」
華やかな世界にいるけれど
決して順風満帆に生きてきたのではないとわかります。


今は人生の夏休み。

きっとまた、女優の仕事に戻っていくことでしょう。


* * *



レトロな衣装が大好き。

衣装監修は宮本茉莉さん。古着も使っているそうですね。

島谷さんとデートするみね子、ピンクのブラウスがお似合いです。

帽子、斜めがけバッグ、靴も、かわいかった。


IMG_1300.PNG
由香のニットはとくにかわいい。


567f4895 paru.jpg




今回の朝ドラは熟練作家の技を堪能できて
安心して観ていられます。
前二作はちょっとつらかった。


2017-10-13T18:04:07.jpeg


2017-10-13T18:04:07.jpeg







共通テーマ:テレビ

名女優 [TV]

『ひよっこ』と『やすらぎの郷』を見ていると
他のドラマを見ることが難しくなる。
どうしても出来映えをくらべてしまうので。
(録画したドラマを見る時間が限られているという意味でも)

『ひよっこ』
主人公が暮らすあかね荘の大家の富さん。
赤坂の元売れっ子芸者だった女性を演じるのは
白石加代子さん。
ゆったりしたセリフまわしの独特の間に惹きつけられます。

かつての恋人との濃密な日々を
うっとりと語る富さんが素晴らしかった。
愛すべき大女優。


『やすらぎの郷』
認知症で周りを振り回す往年の大スター
シャンソンの女王と呼ばれた及川しのぶを演じるのは
有馬稲子さん。

トラブルメーカーとしての役割ゆえに
好感を持ってみることができず
あまり演技が印象に残りませんでした。


しかし、有馬稲子さんはまぎれもない名女優でした。
ドラマの中でマリー・ローランサンの詩を朗読したのは
及川しのぶではなく、有馬稲子。

詩を読む呼吸、絶妙に変化する抑揚。
すばらしかった。


「死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です」



海辺をさまよう九条摂子(八千草薫)は綺麗だった。
この作品のヒロインは
八千草薫だったのですね。


『やすらぎの郷』については
どうしても共感できない部分があって
惰性で見ていた時期もあったのですが、
見続けていてよかった。


『ひよっこ』と『やすらぎの郷』を
同時期に見ることができるなんて
これほど多くの名演技を見ることができるなんて
めったにない幸福なことだと思います。





共通テーマ:テレビ

『デート〜恋とはどんなものかしら〜』 [TV]

月9が楽しい!
『デート~恋とはどんなものかしら~』
脚本・古沢良太 演出・武内英樹(のだめ演出)
という間違いないコンビが手掛けてます。

五話の冒頭
「サイボーグ009」が登場
よく見ると巧くん。
演じる長谷川博己のコスプレ姿が
まあなんて似合っていること。
髪形まで再現率高くって心鷲掴みされましたわ。
すばらしい。
でも、なぜにコスプレ?
(徐々に明らかになります。掴みが秀逸)

「人生に恋愛は不要だ」
と考えるようになった“恋愛不適合者”の男女が、
やむにやまれぬ事情から結婚を目指すことになり、
恋愛感情を持たないままデートを重ねていく
脚本家・古沢良太氏が紡ぎ出す、
“恋愛力ゼロ”の女と男のロマンチック・ラブコメディ!


自称「高等遊民」実体はニートの谷口巧(35才)
母の体調悪化を目の当たりにして
次の寄生先を探すために婚活開始。
東大卒、国家公務員の藪下依子(29才)
30才を目前に、父を安心させるためにも婚活開始。

結婚相談所に登録したふたりが
(正確には巧は幼馴染が勝手に登録したのだけれど)
出会うところから物語ははじまります。

「こーとーゆーみん」は分かりやすく難ありだけれど
藪下依子もなかなかのもの。
超合理主義で融通がきかない頭でっかちの難物です。
立て板に水の如くとうとうと正論をまくしたてる。
可愛げがない女なのですが
「杏」が演じるからなのか、なんだかかわいい。

「君はいつだって正しいよ、だけど心がないんだ、
君には心がないんだよ!」

「14人目です」

いままで14人もの人に「心がない」と
言われてたのね・・・

しかし、巧はあとで撤回します。
「そんなことはない。
心のない人間なんていませんよ。
いいかげんなことを言って、すいませんでした。」

依子には今は亡き母の姿が見えて会話する。
母のきびしい言葉は、認めたくないけれど気づいている
依子の心のなかにある感情なのでしょう。
きっと代弁者なのね。
「あなたは自分が間違っているとなかなか認められない」
間違いを素直に受け入れられないと
母に言われていました。

巧は過ちをみとめられる人ですね。
今回の留守番電話の言葉からもわかります。
まだまだ障害はあるけれど距離は縮まってるみたい。
これからどうなることでしょうか。

依子の父を演じる松重さんがすてきです。
娘を案じながらも否定しない。

依子の誕生日までのカウントダウンがでてきます。
3月22日に二人にいいことが起こりますように。

しかし、サイボーグ009と003の
キスシーンを期待していたのにあんなことになるとは、
まったく期待を裏切る脚本家だわね。
(だから好き)

月曜日が楽しみです!

line3-1.gif

「図書分類法に基づいて」本棚を整理する依子さん。
「ちなみに『忍者ハットリくん』は歴史。
『ベルサイユのばら』は植物でよろしいですか。」
・・・植物[クローバー]・・・笑った。

羽海野チカ先生について熱く語る巧くん。
twitterでそれを知らされた
ドラマを見ていなかった羽海野先生、
とんでくる@になに?なに?状態。
事情を知った先生のtweet
「たすけて!ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ!おなかいたい!(嬉)」
という顛末をリアルタイムで見られて楽しかった。

「ごめんね青春!」の蜂谷先生が大好きだったので
ドラマが終わってお会いできなくなって寂しかった。

今は依子と巧くんと横浜のヤンキー兄妹と
真面目なのにちょっとズレてる鷲尾くんに会うのを
楽しみにしています[黒ハート]


ドラマ 「Nのために」 [TV]

超高層マンションでセレブ夫婦の変死体が発見される。
居合わせたのは20代の男女4人。
関係者のイニシアルは全員「N」。
それぞれが思いを寄せる「N」とは誰なのか。
事件の真相が次第に明らかになる。

過度に思わせぶりにはしない匙加減がいいです。
脚本は奥寺佐渡子さんなんですね。

榮倉奈々と窪田正孝が素晴らしい。
こわばった表情と舌ったらずなセリフまわしが
苦手だったけれど
今回の榮倉奈々はそれほど気にならない。

島にいるときの高校生のふたりが
瑞々しくてさわやかで、
だからこそ、つらい境遇とか罪の共有とか、
まとわりつく暗い影に押しつぶされないでと
祈るような気持ちになります。

船上の成瀬と希美の別れのときみたいに
「がんばれ~~~っ!」
と私も言いたい。負けないで。

杉下希美にとってのNとは誰なのか。
島では成瀬で事件のときは安藤望なのかな。
安藤は野口がいなくなったことで
社内での確固たる地位を得たようだから。。
事件のときの成瀬の立ち位置が謎なので
まだよくわからないけれど。
あと二回。
どんでん返しなどは期待してないので
どうか悲しすぎる結末にはしないでほしいです。

大家さんが希美に言ったセリフ
「苦労はね、忘れるのが一番」
西崎に背負われた希美が言う
「西崎さんは悪くないよ」

さりげない言葉なのに涙腺崩壊でした。
せつなさが胸に残るドラマです。

湊かなえの作品は苦手だけど
一回くらいは見ようかなと録画したものの
理不尽にもいきなり家を放り出される母子、
しかも母は完全なる現実逃避で頼りにならず、
むしろ主人公の高校生女子にとって重荷でしかないという
鬱展開に心が折れそうになって「ムリ・・・」と視聴断念。

しかし、実家で妹(ドラマフリーク)にお勧めされ、
見たところ・・・ハマった次第でございます。

主題歌・家入レオ「Silly」
ドラマの雰囲気にあっていて大好きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

木曜日のドラマ [TV]

木曜日はドラマを三本録画している。

『続・最後から二番目の恋』
2012年に放送したものは見てないけれど
続編ができるほどの魅力とはどんなものなのか
興味がわいてきたわけで。
見ているうちに人気の理由がなんとなくわかりました。

中井貴一はいい役者さんですね。
ふとした瞬間に家族に語りかける口調がやさしく、
説得力があって愛情がにじみでている。
大仰ではなくさりげなく演じるのは難しいはずなのに。

小泉今日子とのやりとりも心地よい。

にぎやかな朝の食卓。
とびかう会話。
楽しそう。
鎌倉の景色もすてきです。

和平(中井貴一)にちょっかいをだす薫子(長谷川京子)。
この未亡人がちょっと目ざわり。
大人になっても誰かに寄りかかりたい。
それはわかる。
しかし一方的に寄りかかるのはいかがなものか。
「せふれ」というワードを使う魂胆もかわいくない。
それってただの甘えじゃん。

こういうかきまわす存在を出さざるをえないのが
続編のつらいところかもしれないけれど。

* * *

鎌倉といえば吉田秋生の『海街diary』が頭に浮かぶ。
すずたちが住んでいる家や歩いている場所を
実写で見ている気持ちになります。

* * *

「MOZU」
長谷川博己の冷酷な顔は
「バナナフィッシュ」のアッシュ・リンクスに似ている。
悪役がとてもお似合いで魅力的。
凄腕の殺し屋・シンガイくんを
一撃で返り討ちして余裕の表情のヒガシ。
なんてかっこいいんだっ!

「MOZU」には期待してたんだけどな・・・
ひねりのある展開になるかと思いきや
そうでもなかった・・・

主役・倉木を演じる西島秀俊の
押し殺した一本調子のセリフ回しが苦手です。

殺し屋・新谷の池松壮亮くんは体を張ってますね。
凄まじい死闘。
木曜9時の時間帯なのに
かわいい女の子にあの仕打ちとは
びっくりしました。

* * *

「BORDER」
殺された死者の姿がどうにもこわくて挫折。
しかしクドカンがゲストならばそんなに怖くないだろうと
五話から見ています。

おもしろかった。

最初から見ればよかったな。
小栗旬の静かな声がドラマにマッチしています。
当て書きで脚本をかいてもらえるなんて
役者みょうりにつきますね。

『怪物と戦う者は、みずからも怪物とならぬように心せよ。
汝が久しく深淵を見入るとき、深淵もまた汝を見入るのである」
                         ---ニーチェ

市川は「BORDER」を越えてしまうのか。

ハッカーのサイモン&ガーファンクルが
バチンと電源を落として
越えてしまいそうになる市川を拒絶したシーンが好きです。

適材適所にうまい役者さんが起用されていて
安定感があります。
もう最終回なのね。
見逃した前半が悔やまれる・・・


 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ