So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

「AX アックス」 伊坂幸太郎 [読書]

おもしろかった。
こういう伊坂幸太郎の本を読みたかったんだわ。

大満足です。
わたしが好きになった伊坂さんのエッセンスに
久しぶりに触れたような気がします。


5編からなる連作短編集。
「グラスホッパー」「マリアビートル」に連なる
「殺し屋シリーズ」の最新作。

主人公の「兜」は凄腕の殺し屋
しかし家庭では恐妻家。


・・「殺し屋シリーズ」っていうくくりがあるって
知らなかった・・・
殺し屋の描写は迫力がありました。

なぜこんなにも妻に気をつかうのか
さっぱりわからなかったけれど、
ラストで兜の気持ちがすとんと胸に落ちました。

絶対に手放したくないと思いつめると
臆病になるのかもしれない。
がんぱったよね。


ボルダリングジムで出会った恐妻家の松田さんは
ストレスで爆発してしまった。

それは自然の成り行きかもしれない。
兜がそうならないのは
切実な思いを抱えているからなのでしょう。


兜はびくびくしているけれど
妻の描写はそれほど不快なものではない。
愛すべき人物と描かれているわけでもないけれど
「crayon」のあの場面で涙をこぼす彼女は
真っ当な感覚を持っているのだとわかります。

「妻がなぜ泣いているのか、その感覚について
完璧に把握できてはいなかった。
が、少しづつ理解できるようにもなっている。
そして、もっと、理解したい。」
「人の感情を失ったまま、消えていくのは避けたかった。」



「淋しいけれどあたたかみのある物語に
なったような気がします」
伊坂さんの言葉がとてもよくわかります。


「起きたら、宇宙から帰ってきたような格好で
ぶっ倒れていたことがあった」
家庭を持った息子の克己が
笑いながら懐かしい父の思い出を語る。
父は家族が起きる前にスズメバチの巣を退治し、
(不意に現れた殺し屋にも対峙し)疲れ果てたのだ。

「今思えば、父はああやって、僕たちが知らないうちに、
僕たちのことを守ってくれていたのかもしれない。」


以下、未読の方はご注意を


続きを読む


タグ:伊坂幸太郎

共通テーマ:

『この世の春』 宮部みゆき [読書]

おもしろかった!

「サイコ&ミステリー」
なんて書いてある紹介文をみると
身構えてしまいますが、
サイコ風味はそれほど強くないです。


「わたしの大好きな要素 
謎解きミステリー 怪談 
元気な子どもたち かっこいい老人が
常にわたしの作品のなかでは
定番的に出てきますが 
今回も全員そろっています。」

『この世の春』特設サイト
http://www.shinchosha.co.jp/miyabemiyuki/
「作家自作を語る」より引用

元気な子どもたち
かっこいい老人
重苦しい話のなかの救いです。

北見藩で起きた「主君押込」
理由は藩主・重興の乱心
ここから物語は動き始める。

重興が幽閉された「五香苑」
各務多紀はある理由によって呼び寄せられる。
五香苑の館守・石野織部
重興の主治医・白田登
女中のおごうとお鈴
奉公人の寒吉
多紀のいとこであり用心棒の田島半十郎

魅力的な登場人物が物語を彩ります。


重興の固く閉ざされた心を
解きほぐす事はできるのか?

重興の重用をうけて成り上がった
元御用人頭の伊東成孝
常に藩主・重興の側に仕え
他人を寄せ付けなかった成孝が
カギを握っているのかと思えば
実はそうでもないという。。。

では重興の乱心の原因はどこにあるのか?
心を閉ざした重興は快復することができるのか?


以下、未読の方はご注意を

続きを読む


タグ:宮部みゆき

共通テーマ:

映画 『8年越しの花嫁』 [日本映画]

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ


大切な人にさりげなく傘をさしかけるように
ごく自然に気負いもなく支え続ける。
そんな人たちの物語。

脚本・岡田惠和
監督・瀬々敬久
佐藤健
土屋太鳳
薬師丸ひろ子
杉本哲太

難病ものは苦手なのですが
この布陣だと観たくなります。
タイトルからハッピーエンドが
約束されていると安心します。

過剰な演出がなく
静かに胸に迫ってきます。
いい映画を観たなという
上質な後味が残ります。


記憶をなくしたあとに
それ以前の関係を維持できるのか
一から積み上げていくもどかしさの中で
もう一度愛せるのか
岡田惠和がNHK朝ドラ「ひよっこ」で
描いたモチーフは
この実話からきていたのですね。

「娘のことは忘れて」
と言われてびっくりする尚志(佐藤健)
負担になるなんてこれまで一瞬だって
思ったことなかったのでしょう。
しかし、そう言われても
尚志はまた当たり前のように
病床の麻衣のそばに寄り添う。
それを見た母のつぶやくようなありがとうに
グッときました。

麻衣が母になる可能性を閉ざさないでほしいと
母親(薬師丸ひろ子)は医者に懇願する。
揺らがない尚志の姿に
麻衣と尚志ふたりの未来を感じた母の
祈るような思いが伝わってきました。
意識のなかった間の「記憶」が
時を越えて流れ込んでくる瞬間に涙腺決壊。


オーラを消した佐藤健くんがとてもよかった。
生命力にあふれた土屋太鳳ちゃんを
静かに受け止める誠実な男を演じてすてきです。
実話だそうです。
現実を生きるお二人がこれからもずっと
幸せに過ごせますように!


backnumber 『瞬き』
この曲の出だしの破壊力は強烈ですね。
一瞬でわしづかみにされる感じ。


共通テーマ:映画
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。