So-net無料ブログ作成

「AX アックス」 伊坂幸太郎 [読書]

おもしろかった。
こういう伊坂幸太郎の本を読みたかったんだわ。

大満足です。
わたしが好きになった伊坂さんのエッセンスに
久しぶりに触れたような気がします。


5編からなる連作短編集。
「グラスホッパー」「マリアビートル」に連なる
「殺し屋シリーズ」の最新作。

主人公の「兜」は凄腕の殺し屋
しかし家庭では恐妻家。


・・「殺し屋シリーズ」っていうくくりがあるって
知らなかった・・・
殺し屋の描写は迫力がありました。

なぜこんなにも妻に気をつかうのか
さっぱりわからなかったけれど、
ラストで兜の気持ちがすとんと胸に落ちました。

絶対に手放したくないと思いつめると
臆病になるのかもしれない。
がんぱったよね。


ボルダリングジムで出会った恐妻家の松田さんは
ストレスで爆発してしまった。

それは自然の成り行きかもしれない。
兜がそうならないのは
切実な思いを抱えているからなのでしょう。


兜はびくびくしているけれど
妻の描写はそれほど不快なものではない。
愛すべき人物と描かれているわけでもないけれど
「crayon」のあの場面で涙をこぼす彼女は
真っ当な感覚を持っているのだとわかります。

「妻がなぜ泣いているのか、その感覚について
完璧に把握できてはいなかった。
が、少しづつ理解できるようにもなっている。
そして、もっと、理解したい。」
「人の感情を失ったまま、消えていくのは避けたかった。」



「淋しいけれどあたたかみのある物語に
なったような気がします」
伊坂さんの言葉がとてもよくわかります。


「起きたら、宇宙から帰ってきたような格好で
ぶっ倒れていたことがあった」
家庭を持った息子の克己が
笑いながら懐かしい父の思い出を語る。
父は家族が起きる前にスズメバチの巣を退治し、
(不意に現れた殺し屋にも対峙し)疲れ果てたのだ。

「今思えば、父はああやって、僕たちが知らないうちに、
僕たちのことを守ってくれていたのかもしれない。」


以下、未読の方はご注意を


*

*

*

*

*

主人公の死は唐突です。
「ナレ死」のような感じ。
「兜は八階建てのオフィスビルの屋上から落下し、
死亡する。」


最終章「FINE」で物語は完結する。


兜は死後も間接的に家族を守り、
最後にすべての危険因子を取りのぞいたのですね。


「いつだって、暗いぬかるみの中を歩いてきた。」
怖い顔をしている兜に
「悪い人には見えないけど」と彼女は言う。
人を見る目がないなと兜は言いかけるが
さらに彼女はこんなことを言う。
「いいお父さんになれそうだけどね」


彼女には人を見る目があったのだと
長い年月の後にわかります。
でもそれは彼女の存在があったからかもしれないけれど。
たいせつに取ってあった出会いのときのチラシ。





AX アックス

AX アックス

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本




タグ:伊坂幸太郎

共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。