So-net無料ブログ作成

読書感想 [読書]

昨日がなければ明日もない

昨日がなければ明日もない

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/11/30
  • メディア: 単行本
昨日がなければ明日もない 宮部みゆき
大家さんの竹中夫人がいい味だしてます。
短編3作とも、物語が終わった後の先行きを想像すると
暗澹たる気持ちになります。
生涯復讐の手を止めることはないでしょう。
周りを巻き込んで目的を果たしても
何らかのしっぺ返しはあると思う。
そして表題作のかわいそうな女性はきっと逃れられない。
宮部さんは被害者面する人を描くのがうまいですね。


きのう何食べた?(15) (モーニング KC)

きのう何食べた?(15) (モーニング KC)

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: コミック
きのう何食べた?(15) よしながふみ
フツーのおかずを淡白なコメントを言いながらも
ぱくぱく食べちゃうジルベールが相変わらずかわいい。
シロさんのご両親とのエピソードはリアルですね。
親のプライドとか思考とかが
ちょっとめんどくさい所などよくわかります。


沈黙のパレード

沈黙のパレード

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/10/11
  • メディア: 単行本
沈黙のパレード 東野圭吾
おもしろかった!
湯川先生の洞察力が「献身」に違う結末をもたらしました。
先生が友人のために人の中に入っていくなんて、
丸くなりましたね。

愛なき世界 (単行本)

愛なき世界 (単行本)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 単行本
愛なき世界  三浦しをん
専門的な部分を読むのに難儀しました。
植物みたいに、脳も愛もない生き物になれれば、
一番面倒がなくて気楽なんだけど、と考える本村さん。
おおらかで優しい藤丸くん。
ふたりともまっすぐでとてもかわいいです。

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: 単行本
下町ロケット ヤタガラス 池井戸潤
島津の能力を認めなかった奥沢への
痛烈なしっぺ返しが心地よいです。
誠実に戦う者を公平な目で評価する人は必ずいるのですね。

さよならの手口 (文春文庫)

さよならの手口 (文春文庫)

  • 作者: 若竹 七海
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/11/07
  • メディア: 文庫
さよならの手口  若竹七海
不運な探偵はまたも満身創痍。
今回も胸くそ悪いです。
クールに対処できずに失態をしでかすが
それもまた葉村晶らしい振る舞いです。
長谷川探偵調査所が閉鎖されて残念。
でも白熊に期待。
うさぎの常夜灯まだ使ってるのね


共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。